離乳食のジュースに蜂蜜を混ぜて与えていて0歳6か月の赤ちゃんが亡くなってしまいました。
蜂蜜を与えていたのは1度ではないとのこと。
今回の痛ましい事件にはどんな背景があるのかをまとめていきたいと思います。

栄養があると思って蜂蜜を何度も混ぜていた

離乳食に蜂蜜を混ぜて与えられていた6か月の赤ちゃんが亡くなってしまいました。

東京都によると、亡くなったのは足立区の男児。生後4カ月ごろから、市販のジュースに蜂蜜を混ぜて1日2回、約10グラム与えられていた。2月20日にけいれんや呼吸不全などの神経症状が出て入院。ボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」と診断され、3月末に亡くなった。これまで複数の発症例が報告されているが、記録が残る1986年以降、同症による死亡は初めてという。引用:朝日新聞デジタル

蜂蜜の離乳食は何が危険なのか

蜂蜜にはボツリヌス菌という菌がいます
名前の通りです。
大人が食べても食中毒なる恐れもあるのだそうです。

ボツリヌス菌は加熱すれば死滅するといわれていますが、121度以上加熱しなければならず一般過程の調理では完全に死滅させるのが難しいので、1歳児未満&1歳児以上でも離乳食が完了していない乳幼児に与えるべきではありません。

蜂蜜が危険だとどこで教えてもらった?

蜂蜜 死亡

 

私はかなり慎重派なので、離乳食を作るときは必ずネットや料理本をチェックしてから作っていました。
ネットや本に関しては1つのサイトに絞らずに、2~3つほど見ていたと思います。

今回の痛ましい事件は、ママもパパも「蜂蜜を赤ちゃんに与えてはいけないことを知らなかった」という点に問題があります。

1度でも危険な蜂蜜を、危険ではないと思って何度も上げていたのですね。
生後4か月ころから2か月ほど与え続けていたようです。
栄養があると思って赤ちゃんに蜂蜜を上げていたのに、それが毒だった。

お母さんの心境を思いやると胸が張り裂けそうです。

無知ほど怖いものはないとはこのこと。
私は乳幼児に蜂蜜を与えてはいけないこと「どこで知ったのかな?」と記憶を探ってみますが、どこだったかな・・・?



☆SP☆



よく考えれば情報が身近ではない人もいる

私のようにママ友のいないボッチままでも、本やネットがあれば情報はある程度はいります。
しかし、1つの情報を慢性的に信じるのはちょっと危ないです。

私は本を読むのが好きなのでいくつもの離乳食本持っていますが、1歳過ぎからの離乳食本で「はちみつNG」と書いてあるものは少ないです。
蜂蜜は基本的に1歳までNGとされていますが、それは1歳で離乳食が完了していたらの話です。

1歳で離乳食が終わらない赤ちゃんもいるでしょう。
そんなときはたとえ1歳でも、蜂蜜はNGなんです。

子供は1人1人違うのだから、そういう細かいところまでつづってもらわないと育児本・離乳食本の意味がありませんよね。

もう少し責任をもって本を出版してほしいなと思います。

ママ友がいないボッチママの交流場

初めての育児だと、誰かに何か気軽に質問したいことって山ほどありますよね。

『おっぱい何時間おき?』
『夜はまだ起きる?』
『どうやって遊んでる?』
『いつしゃべった?』
『何食べてる?』

育児に正解はないけど、ほかの子と比べてはいけないけど、「自分は間違っていないんだ」という安心のためにもいろいろなことがききたいです。
そんな不安なままたちの交流の場としてこのブログが成り立ってほしいなと思っています。

育児ブログランキングに参加しています!ぽちっと押してくれたら励みになります