私

こんにちは、和服美人を目指して日々昇進中のメイです!今日は名古屋仕立ての帯の畳み方をご紹介していきます!

 

着物ライフ満喫している、もしくは満喫する予定の皆さん!
着付けだけではなく、片付けもきちんとできていますか?
片付けと言っても着物の畳み方さえマスターできれば、あとはいいように畳めば万事オッケー。

 

・・・というわけにもいかないのがあります。
そう、名古屋仕立ての帯のことです。

 

お太鼓を結ぶのにはとても便利な名古屋仕立ての帯ですが、畳むときにどう畳めばいいのか悩んだことはありませんか?
実はけっこうコツがいるので、自力で畳み方をあみだすというのは難しいのです。

 

でも大丈夫!
今回は私が実際にしている二通りの畳み方を伝授するので、自分のやり易い方の畳み方をマスターしましょう!

 

スポンサーリンク



 

畳み方1.テを折り返して畳む方法

 

名古屋仕立ての帯にはしまい方が2通りあります。
2つともご紹介していくので、自分のやりやすい方でたたんでくださいね。
まずは1つ目のたたみ方です。
「不器用だからすぐできるか自信がない・・」という方は、この畳み方をマスターしましょう!

 

(1)テの付け根部分を折り込む

 

写真の、上に伸びている細長い部分を「テ」とよびます。
この付け根部分は三角になっています。
帯の表地を上にするように横に置いたら、三角の部分が内側にくるよう倒しましょう。

 

(2)テを帯の幅に沿って折る

 

青い線の帯の幅に合わせるように、テを折りたたみます。

 

(3)もう一度テを帯の幅に沿って折る

 

反対側もおなじように、帯の幅に沿ってテをおりこみます。

 

(4)(2)と(3)を繰り返す

 

帯の幅にテが収まるよう、ひたすら折り返していきます。

 

(5)平たい部分をたたむ

 

 

 

5までで畳んだテを一度持ち上げます。
そして平たい部分の帯を半分に折るように、二枚目の写真の赤の点線までもっていきます。

 

(6)テをおろす

 

 

平たい部分の帯を押さえつけるように、赤い点線を中心にテをおろします。
こうすることにより、畳んだ帯がくずれにくくなります。

 

たとう紙に入れてタンスにしまう場合はこれで完成となります。

 



☆SP☆



 

(7)コンパクトにしたいときはさらに半分におる

 

 

持ち運びなどでさらにコンパクトにしたい場合は、平たい部分の帯をテの山に乗せるようにして半分におります。
これで完成です。

 

畳み方2.テで丸を作って畳む

 

次に、2つ目のたたみ方をご紹介します。
「タンスの中にできるだけたくさんの帯をしまいたい!」という方は、均等に平らになるこの畳み方をマスターしましょう。

 

(1)テの付け根部分を折り込む

 

最初は「畳み方1.テを折り返して畳む」の「(1)テの付け根部分を折り込む」と同じです。
テの付け根部分は三角になっています。
帯の表地を上にするように帯を横に置いたら、三角の部分が内側にくるよう倒しましょう。

 

(2)帯のふちに沿って折りたたむ

 

帯のふちに沿って写真のように折りたたみます。
このとき、根元がきれいな三角になっていたら正解です。

 

(3)端で折り返す

 

帯の端まできたら、端の線に沿って折り返します。
この時も、根元が三角になるようにしてください。

 

(4)三角形を作るように折り返す

 

「(3)端で折り返す」と同様に根元で三角形ができるように、写真のように折り返します。

 

(5)反対側でも三角形ができるように折り返す

 

写真のように折り返します。

 

(6)中途半端なテも、流れに沿うようにして折る

 

この時点でテは中途半端な短さになっているとおもいます。
最後まで流れに沿っておりましょう。

 

(7)半分に折る

 

そのまま半分におります。
たとう紙にいれてタンスにしまう場合はここで完成です。

 

 

(8)さらにコンパクトにしたい場合はもう半分に

 

持ち運びなどでさらにコンパクトにしたい場合は、そのまま更に半分に折るだけで大丈夫です。
これで完成です。

 

やりやすい畳み方はどちらでしたか

 

私

二通りの畳み方をご紹介しましたが、参考になりましたか?
皆さんの名古屋帯の畳みやすい方法はどちらだったでしょうか。

師匠師匠

どちらも正しいたたみ方なので好きな方を選んでくださいね。
きれいに畳んで、次に装着するときも気持ちよくできるようにしましょうね。