ハワイ旅行

 

2017年5月のゴールデンウイークに家族11人ではじめてハワイ旅行に行ってきました!

 

私、夫、子供(1歳7か月)
妹、妹旦那(妊娠5か月+新婚旅行)
妹2(100kgオーバー)
父・母(65歳以上)
母の弟家族(中学生の子供あり)

 

と多種多様な人物で旅行したので、「子供と行ける?」「新婚旅行の楽しみ方は?」などいろいろな人の疑問にお答えできるのではないかと思います!

 

それではまず、日本からハワイに立つときの注意点をご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク



 

JALは成田発しかないので注意

 

2017年4月、JAL羽田発を予約していましたが、旅行会社からJALの羽田発ハワイ行きは無くなったとの連絡がありました。
なんと、ホノルル初をやめてNY便に切り替えてしまったのだそうです。
私の住んでいる横浜からだと羽田の方が交通の便が良いので、同じように羽田発が希望の方はANAをとるようにした方が便利だと思います。

 

成田の駐車場|USAパーキング

 

今回、成田の空港だったので車で行きました。
成田空港からだと

 

利用料:1日500円

 

ネットで予約ができるので利用する際は予約してくださいね。

 

 

成田空港の流れ

 

成田空港では、空港に入ったらすぐに荷物を預ける場所があります。

 

預ける荷物は1人2個までで、1つのキャリーケースの制限は23kgまで。
23kg超えると追加料金がとられてしまいます。

 

しかも、追加料金は結構高いです。
5kgオーバーで1万円近くすると言われました。
なので、荷物の中身を違うキャリーバックに入れ替えたり、バックに入れ替ええるといいですよ。

 

口が閉められるバックなら預けることができるので、キャリーバックの重さを測って重量オーバーしたのを確認してからバックの中身移動をしてもOKです!
私は後ろにだれも人が並んでいなかったので、荷物を測るところで移し替えてOKだと言われました。

 

人が大勢並んでいる場合は、列から離れて移し替えてくださいと言われるかもしれません。

 

※口が閉まるハンドバックにいろいろと移し替えたのですが、シャンプーリンスはポンプのところが折れて、日焼け止めスプレーの缶はボコボコに凹んでいました。
大切なものはガラガラの中に閉まって起きましょう。

 

スポンサードリンク



 

海外保険

 

何かあった時のために海外保険は入ったほうが良いと思います。
私はJALカードを申し込んだときに保険に入りました。

 

妊婦の妹は、産婦人科系で病院へ行っても医療費が安くなる保険に入ったそうです。

 

そして、1歳7か月の子供も当日保険に入りました。
ソフトバンクの携帯を使用しているので、マイソフトバンクへログインし、そこから海外保険を申し込みます。

 

ものの3分ほどで完了するのでオススメです。

 



☆SP☆



Wi-Fiを借りる

 

ハワイでは日本の携帯電話を使うと非常に高額なのでWi-Fiを成田空港で借りましょう!
ハワイの部屋にWi-Fiがあることは多いですが、外で携帯を使いたい人は必須です!
私は地図を調べたり単語を調べたりでちょくちょくネットを使ったので大助かりでした。

 

成田空港には、ソフトバンクとイモトのWi-Fiなどがあります。

 

 

Wi-Fiを借りるときの注意点

 

そこまで値段やWi-Fiの電波に差はないのですが注意点があります。

1.Wi-Fiはクレジットカード決済じゃないと借りられません。
2.紛失の時用にクレジットカード枠が3万円分ほどとられます。

 

wifiの値段は、1日1000円ほどです。
なので、クレジットカードを持っていない人やクレジットカードの枠があまりない人はあらかじめ作っておくのがオススメです。

 

クレジットカードを作るときは良く乗る飛行機のクレジットカードを作っておくのがオススメです!
ハワイの往復だけでも結構ポイントがたまります。
ハワイに行ったらドルの支払いでもいいのですが、クレジットカードの方が現金より手間がなくラクでした。

 

現に、みんなクレジットカードで買い物するみたいで、クレジットカードを機械に差すのはお客さんの役目です。
そして相性番号を打って自分でカードを機械からとります。

 

ちなみに、ハワイにはJCBカードを持っていると無料で乗れるバスがあるので、せっかくならJCBカードを作りましょう。

 

 

ハワイラブカードを実際に申し込んだ体験談

 

ベビーカーの注意点

 

ベビーカーは、キャリーバックと一緒に預けることもできるしゲートで預けることもできます。
ゲートで預けても、すでに預けている荷物と一緒に流れ出てくるのでご安心を!

 

成田空港にもベビーカーはありますが、用意している数がそんなにないみたいで、期待していくと借りられないときもあるかもしれません。
(私の時はお客さんがいなくて空港はガラガラだったのに借りられませんでした)

 

飛行機の中

 

ハワイは7時間ぴったりで到着です。
赤ちゃん、子供もたくさん載っていました。

 

私は18:00発のフライト時間を選んだので、子供も21:00くらいから到着まで寝てとても快適に過ごせました。
「子供が泣いたらどうしよう」と不安でしたが、全然大丈夫。

 

泣いている赤ちゃんもいましたが、夜中なので規制をあげたりぐずったりするような感じではなく、眠くて泣いているという感じなのでとくに周りの人のひんしゅくを買うこともなかったと思います。

 

ベビーの飛行機

 

ベビーは2歳から1席分の料金が取られますが、2歳以下でもチャージ代で3万円ほど取られました・・・。
離乳食&おやつつきです。

 

そして、エコノミーの一番前の一席だけはベビーを寝かせられるような台がついていました!(ベビーのトイレ用の台みたい感じ)
これは不思議だったので興味のある方は旅行会社の方に尋ねてみてください。

 

飛行機の中ですること

 

飛行機の中はアメニティが豊富でした。
座席についている画面では映画を見たり漫画を読んだり、ゲームができます。
映画は公開したばかりのディズニーアニメモアナ、sing、ララランド、や定番の人気映画まで!

 

子供用にはアンパンマンやドラえもんもありました。
漫画も1~3巻無料!
のような感じです。

 

ゲームはソリティアや囲碁などがありました。
映画3本見ればあっというまにハワイです!
日本から7時間ぴったりで到着です!

 

ハワイ出発1日目まとめ

 

私はこれが初めての海外旅行でした。
フライトが長いし子どもなんか連れていけないよ・・・と思っていましたが、全然余裕!
すぐにでもまた行きたいです!