浴衣を着る機会が増えてきた今日この頃。
今までは着付けられる人にお願いしていたけど、今年は自分で着付けることに挑戦してみませんか?

 

しかも、せっかく自分で着付けるなら「自分で着付けたんだ♪」と自慢できるぐらいきれいに着たいですよね。

 

そこで今回は浴衣の着方をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



 

1 補正をする

 

肌襦袢(はだじゅばん)、もしくは下着のシャツを着たら、まずは補正をしましょう。
胸元は鳩胸になるように、胴はくびれがなくなるようにタオルをたしてください。
足しすぎると暑くなって熱中症になってしまうので、自分が耐えられる程度にタオルを足しましょう。

 

師匠師匠

胸が大きすぎる人は和装ブラなどで胸を抑えるようにすると綺麗なラインになります。

 

2 裾除け(すそよけ)をまく

 

左が上になるように裾除けをまきましょう。
長すぎず、短すぎないように長さは調節してください。

 

自分が理想とする浴衣の裾より少し短めにすると上手に行きますよ!

 

3 浴衣の裾の長さを合わせる

 

両方の襟先(えりさき)を合わせて前に引っ張ると、背中の中心に自然と背縫い(せぬい)がきます。
その状態で、裾の長さを決めましょう。

 

ポイントは裾除けより長めにすることです。
腰ひもをしめると少し上がってしまうので、そのことも考慮して長さを決めてくださいね。

 

4 左が上になるように裾をまく

 

「3 浴衣の裾の長さを合わせる」で長さを決めたら、そのまま左が上になるように裾をまいていきます。
裾先が少し上にあがるようにし、足元にきちんとまけるようにすることが大切です。

 

ここでゆるく裾をまいてしまうと着崩れやすくなってしまいます。

 

私

身体にしっかりそわせるようにまいてくださいね。



☆SP☆



 

5 腰骨の真上で腰ひもをしめる

 

腰骨のすぐ上で腰ひもをしめます。
この紐が一番重要になるので、苦しくならない程度にしっかりしめましょう。
腰骨の真上より更に上に締めてしまうと着崩れる原因にもなるので気を付けてください。

 

身体の正面で結んでしまうと、結び目がおはしよりの下から目立ってしまうので斜めのところで結ぶようにするのがポイントです!

 

6 おはしよりを整える

 

襟や身八つ口(みやつぐち:脇にあいている穴)から手をいれ、下に向かってトントンとするようにし、おはしよりを整えてください。
前だけではなく背中にも手をまわして、後ろのおはしよりもきれいに整えましょう。

 

7 襟を合わせる

 

両方の掛け襟(かけえり)を合わせると自然と背縫いが背中の中央にきます。
その状態で襟を合わせてください。

 

目安としては鎖骨中央のくぼみが少し隠れるぐらいです。
それよりあけると下品になってしまいますし、それより閉じると首がきつくなってしまうので気を付けてくださいね。

 

8 胸の下で紐を締める

 

胸の下で紐を締めます。
真ん中で締めると帯を締めた時に胃に食い込んで苦しくなる時もあるので、真ん中は避けて締めてください。

 

また、あまり上すぎるところに締めてしまうと帯を締めるときに見えてしまうので気をつけてくださいね。

 

9 伊達締め(だてじめ)をしめる

 

伊達締めを持っている方は「8 胸の下で紐を締める」で締めた紐の上から伊達締めを締めましょう。
持っていない場合は締めなくても大丈夫です。

 

伊達締めを締めると、紐がしっかり固定され襟も動きにくくなるのでおすすめです。

 

10 帯をしめる

 

あとは帯をしめるだけです。
当サイトで半幅帯の結び方をご紹介しているので、詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。

 

あとは実践あるのみ!

 

浴衣は練習すればだれでもきちんと着付けることができます。
お出掛け当日に備えて事前に練習してみるのがオススメです!

 

浴衣の着付けとヘアメイクをする、なかなか良い値段がかかってしまい「浴衣はお金かかるからな~」と悩んでしまうのはもったいないです!
ぜひ、自分で着付けをしてみてくださいね。