着物

 

私

今回は着物でお手洗いに行ったときなど、こまめにチェックすべきことから、着崩れた時の直し方まで美しく維持するための方法をお教えします。

 

自分できれいに着物を着つけられたものの、やはり日常で動いてしまうとだんだんと着崩れてしまいます。
美しい着物姿を実現するには着付け方だけではなく、直し方も覚えておくべきですよ!

 

もしもの時のために備えてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

襟がくずれたら“おはしより”をひっぱる

 

一番初めに着崩れてくるのは襟です。
だんだんと緩んできて、大胆で下品な姿になってきてしまいます。
最悪、放っておくと下に着ている下着や肉襦袢まで見えてしまうことに・・・・。
言うまでもなく、残念な着物姿になってしまいますよね。

 

そんなときは前の“おはしより”を引っ張りましょう。
特に襟につながっている部分を引っ張ると、より襟元がシュッとして元のきれいな襟に戻すことができます。

 

写真の赤い線が襟からつながっているところです。
おはしよりの赤い線の部分を下の画像を見の矢印の方へひっぱってみてください。

 

 

両襟がどうしようもなく崩れてきたら後ろのおはしよりをひっぱる

 

前のおはしよりを引っ張れば確かに襟のくずれは直りますが、上前の襟しか直りません。
上前の襟だけ直しても下前の襟が崩れていては意味がありませんよね。

 

そこで、両方の襟を直したい方は後ろのおはしよりをひっぱりましょう。
コツは背縫いのところをつまんで引っ張ることです。

中心が引っ張られることで両方の襟が均等に引かれ、きれいになります。

 

ただし引っ張った後は後ろのおはしよりをきれいに直すことも忘れないでください。
中心をつまんで引っ張った跡がしわとなってしまいます。

 

お太鼓のときはたれで隠れますが、半幅帯の時は後ろのおはしよりが丸見えになってしまいますので気を付けてくださいね。

 

襦袢が見えてきたら裾をめくって後ろから襦袢を引っ張る

 

前述の「襟がくずれてきたらおはしよりを引っ張る」「両襟がどうしようもなく崩れてきたら後ろのおはしよりをひっぱる」を実践すると、必ずといっていいほど後ろ襟から襦袢がチラリと見えてしまいます。
また、そうでなくても気が付くと後ろ襟から襦袢が見えてしまうことが多くあります。

 

後ろから襦袢が見えているときれいに着付けたとは言えないので、鏡を見るたび後ろ襟をチェックする等注意が必要です。

 

とはいっても着物の襟を襦袢の襟にかぶせるように引っ張っても直せません。
襟芯の入っている襦袢襟よりも着物襟の方が重力に負けて下にさがってしまうからです。

 

ですので、着物ではなく襦袢を下にさげるようにします。

 



☆SP☆



裾をめくると襦袢が見えると思います。
その襦袢の背縫いのところをつかみ、下に引っ張って下さい。
そうすると襦袢の衿が引き締まり、後ろに引っ張られてる感じがすると思います。

 

師匠師匠

ただし、着物の裾をめくらないとできない為決して人前でしてはいけません。

 

特に長襦袢(襦袢と裾除けが合体して一着になっている物)ではなく普通の襦袢(腰までのもの。裾除けを別に必要とする)を着用する方は、相当めくらなければ襦袢の背縫いの先はつかめません。

 

私

個室のトイレに入ったときなどに引っ張ってみてくださいね。

 

背中のしわをとる

 

着付けた時はきれいでも、動いていれば背中にしわがよってきてしまいます。
後姿も重視される着物姿では、背中にしわが寄っていると残念な印象になりがちです。

 

気が付いたときに身八ツ口(みやつぐち)を両側に引っ張り、背中のしわを伸ばしましょう。
この時背縫いが中心からずれてしまわないように気をつけてください。

 

 

背中のしわを伸ばすぐらいはわざわざお手洗いに行くこともないですが、人前で堂々とするのもあまりよろしくありません。

 

私

人がいない時にこそっとやってください。

 

おはしよりのめくれ上がりを気にする

 

かがんだり座ったりしているとおはしよりがめくれてしまいます。
おはしよりがめくれてしまうと前から腰ひもが見えてしまったり、帯にかかってしまうため不恰好になってしまいます。

 

おはしよりがめくれてないかの確認はわざわざお手洗いなどに行かなくても、気づいたときにすぐさりげなくできるので、気づいたときにはすぐに確認してみてください。

 

お太鼓のたれがめくれていないか確認する

 

一番他人に気づかれやすい、ある意味“着崩れ”はお太鼓のたれが上がっていることです。
特に椅子に座って立ち上がった時にめくれていることがあります。

 

 

お太鼓のたれはめくれやすい分、こまめに確認していないと「めくれてますよ」なんて注意された日には恥ずかしい思いをします!

 

たれの確認もさりげなくできることです。
気づいたときに自分のお尻あたりをさわってめくれてないか確かめてみてくださいね。

 

着付けて終わりじゃないのが着物

 

私

着物も衣装である分、動いていれば崩れてしまいます。
洋服とは違い固定された部分が多いので、一部が崩れてくると連動してあらゆるところが崩れてしまうのです。

師匠師匠

特に昨今は1㎜の崩れも許さないという、世間の目は厳しくなりつつあります。
あなたのきれいな着物姿を維持するためにも、直し方もマスターし素敵な着物生活を送ってくださいね。