近々ご兄弟、ご姉妹がご結婚される方、おめでとうございます。
自分のことのようにうれしいのではないでしょうか。
ですが浮かれているのもつかの間、自分の着るものも考えなければいけないですよね。

 

そこで今回は兄弟、姉妹、未婚既婚別に結婚式で着る着物をご紹介します。
華やかな晴れ着を着てご兄弟の結婚式を盛り上げましょう。

 

スポンサーリンク



 

あなたが未婚の姉妹の場合

 

あなたが未婚の女性の場合は振袖を着ましょう。
振袖は未婚女性の第一礼装だからです。

 

しかしあなたが未婚の姉であったり年齢を重ねてしまっている場合、振袖に抵抗を感じるかもしれません。
そんな時は色留袖を着ても大丈夫です。

 

最近は結婚式の服装の多様化や晩婚化により色留袖を着用する方も多くいます。

 

新郎新婦を通じて相手方親族と何を着るかを相談してください。
このとき身内の独断で着るものを決めてしまうのはお勧めしません。
相手方親族がタブー視しているものを着てしまった時、その評価はそのままあなたのご兄弟(新郎もしくは新婦)の評価につながってしまうからです。

 

結婚式の準備で忙しそうだからと謙遜してしまわず、新郎新婦に間に入ってもらって相手方親族と着るものを話し合いましょう。

 

▼振袖

 

▼色留袖

 

あなたが既婚の姉妹の場合

 

あなたが既婚の場合は黒留袖を着用しましょう。
既婚女性の第一礼装が黒留袖だからです。

 

▼黒留袖

 



☆SP☆



どうしても色留袖を着たいという場合は、多様化されている今ではかまいませんが、強くはお勧めしません。

 

新郎新婦の母親以外の人が黒留袖を着ていると、それだけ近しい親族だと他の参列者にもわかるようになります。

 

姉妹なんだ、とわかりやすくするためにも、既婚であるならば黒留袖を着用することをお勧めします。

 

あなたが兄弟の場合

 

男性の場合は、既婚未婚に限らず着物だと紋付羽織袴(もんつきはおりばかま)一種類のみです。
紋付は黒紋付を着用してください。
紋付羽織でおそろいの色のついたものがあるとしても、黒で統一されたものを着用するようにしましょう。

 

普段であっても男性は色紋付(黒以外の色のついた無地の紋付)に袴はめったに着用しません。
舞台であったりお披露目の時などにしか着用しないものです。

 

黒の紋付袴は「衣装」なのに対して、色の紋付袴は「衣裳」という扱いになるといっても過言ではありません。
紺であったとしても、よほどのことがない限り黒紋付を着用しましょう。

 

袴の模様は縞が一般的ですが、派手でなければ特に決まりはありません。
ですが色はグレーやベージュなど地味な色を選びましょう。
何色にすればいいか分からない時はグレーがおすすめです。

 

またごくまれにグラデーションの袴を着用される親族の方を見かけます。
結婚式でグラデーションの派手な袴を着ていいのは新郎だけ
です。
参列者は単色の袴を着用しましょう。

 

また羽織にも注意が必要です。
休憩中などには脱いでも構いませんが、羽織を含めての第一礼装です。
きちんとした場では羽織は脱がないようにしましょう。

 

着物で参列するときは全員着物でないといけないのか

 

もちろん家族全員で着物を着ても構いません。
しかし、自分が着物を着たいから、一人だけ着るのはおかしいから、と全員に強要させる必要はありません。
自分が着たいんだという人は着るようにしましょう。

 

ですが、あなたが新郎新婦の母親の場合、もしくは旦那さんが着物を着る場合は着物の着用をおすすめします。
旦那さんが洋服の場合、女性ははどちらでも構いません。

 

親族だって衣装選びは大変

 

女性は未婚や既婚、年齢によって着るものも違いますし、違う環境で生活してきた親族と着るものを合わせるというのも大変ですよね。
男性だって、一見紋付羽織袴一種のみで簡単だと思いますが、女性の着物姿より普段目にしない分何がよくて何が悪いのかわからないという欠点もあります。
周りの人たちとよく相談して、かつ自分が好きなものを着れるようにし、新たな門出をむかえる兄弟や姉妹を祝福しましょう。