突然ですが、結婚式は洋装派ですか?
それとも和装派ですか?
二人の門出を祝う一生に一度の晴れ舞台ですから、衣裳にはこだわりたいですよね。

 

今は昔のものが流行する時代です。
和装からのカラードレスが流行っているそうですよ。

 

そこで今回はタイプ別に和装の花嫁衣裳をご紹介します。
自分だったらどんな衣裳がいいかぜひ考えてみてください。

 

スポンサーリンク



 

つつましさを出したいなら白無垢

 

和装衣裳の王道と言っても過言ではないのが白無垢です。
実際白無垢を選ぶ新婦が圧倒的に多くいます。

 

白無垢の最大の特徴はなんといっても綿帽子(わたぼうし)でしょう。
綿帽子はかぶるだけでつつましい雰囲気になります。

 

これは顔半分が見えなくなることにより、ミステリアスな雰囲気を出すと同時に、見えない部分をいいように補正して美しく見えるようにするからです。

 

また髪型を隠すことができるので、すぐ後の披露宴でドレスを着たいという方は、綿帽子の下のヘアスタイルをドレス用にして時間短縮を図ることができます。
ですので、着物もドレスも楽しみたいという方には白無垢がとてもおすすめです。

 

しかし綿帽子はドーム状に形が決まっている為、新郎と身長差があまりない新婦の場合は新郎より大きくなってしまうことがあります。

 

花嫁衣裳の袂(たもと)は長いので引きずらないよう厚底の草履を履いているのですが、そこに綿帽子もかぶると身長差は一気にひらいてしまいます。

 

相手が身長にコンプレックスを持っている場合は二人で相談して決めてあげてください。

 

かわいらしさや華やかさを重視したいなら色打掛



☆SP☆



 

和装の花嫁衣裳で一番派手なのは色打掛です。
披露宴の衣裳替えなどで色打掛を着用する方は多いですが、最近では挙式に色打掛を着用する新婦も多くいます。
一味違った挙式になり、とても華やかになりますよ。

 

しかししっかりした着物に重厚感のある打掛を着ているので、体の方はどうしても大きく見えてしまいます。
そこでヘアスタイルを普通の和装ヘアスタイルにしてしまうと身体とのバランスが合わず、着物を“着せられている感”が強くなってしまうのです。
特に顔の小さい方は雪だるまのようになってしまいます。

 

髪飾りの花をたくさんつけたり、ヘアスタイル自体を大きくしてみたりと、担当してくれる美容師さんとよく相談してくださいね。

 

かつらや地毛でするかなど、いろいろと相談してみましょう。

 

究極な古風を目指すなら黒引き袖に角隠し

 

「日本人に生まれたからには日本人らしい結婚式にしたい!」という、究極の日本らしい古風な結婚式にしたい方は黒引き袖(くろひきそで)に角隠し(つのかくし)がおすすめです。

 

昔は武家出身の娘さんが嫁入りするときに着られていた衣裳ですが、最近では選択する新婦はめっきり減りました。

 

新郎新婦の両親や祖父母に「どうしても黒引き袖にしてほしい」という希望を出している方がいたり、新婦自身が「日本らしさを極めたい」と思わない限り着用する方はなかなかいません。

 

しかし私の知人は祖母の代から受け継がれている伝統的な黒引き袖を持っているため、挙式では黒引き袖を着用していました。
三世代に引き継がれているなんて素敵ですよね。

 

ただ集合写真は新郎新婦親族みんな黒のため華やかさに欠けるものだったので、お色直し後や事前に写真だけ別の衣裳で撮ることもおすすめします。

 

私

ちなみに「角隠し」というのは、妻が般若にならないように般若の角が生える部分(額のあたり)を隠すという意味があります。
「一生優しい妻でいます」と彼に伝えたい方は角隠しをするといいかもしれませんよ。

 

好きなスタイルは見つかりましたか

 

結婚式というのは人生の中でも一大イベントなので、考えるだけでワクワクしますよね。
特に映像や写真で鮮明に残るようになった今、主役である花嫁の衣裳には何倍にも気を遣いたいものです。
「あの時こうすればよかった」と後悔しないためにも、今のうちからじっくり考えましょう。