着物買取

みなさんは「お宅の着物買い取らせてください」という電話を突然受け取たことはありますか。
世間ではそういった電話を受け取ったという方が多く見受けられます。
そういった方の一番の悩みどころは、詐欺なのかもしれないという不安はあるものの、もし買い取ってくれるならそうしてくれるとありがたいという矛盾した感情を持っていることです。

 

そんな方のために、電話による着物買い取りにあたってのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

なぜ突然電話をかけてくるのか

 

そもそもなぜ突然「着物買い取ります」のような電話をしてくるのか疑問に思ったことはありませんか。
着物買い取り業者というのは着物を安く仕入れてその着物を買い取った時より高い値段で売ることで利益を得ています。
新品の着物より着用済みの着物の方が安く売れるという利点をついたリサイクル商法ですね。
着物を着たいと思っても高値すぎて買えないという層が主なターゲットです。

 

そのためには「着物を持っているけれどももう着ないし売りたい」という人にピンポイントで交渉する必要があります。
ですが着物はだれでも持っているものではないので、ましてや売りたいと思っている人を探すこと自体難関です。

 

そこで電話帳などを使ってかたっぱしにいろいろな世帯に順番に電話をかけていくのです。
いわゆるローリング作戦と言いますか、数打てば当たるということです。
そんななかで目的の人物に偶然にもヒットしたら、逃したくないと必死になるでしょう。
買い取り業者の中に強引な人もいるのはそういった背景があるからです。

 

買い取り電話は基本疑ってかかるべき

 

買い取り電話をする業者が必ずしもすべて詐欺であるとは限りません。
しかし詐欺が多いと思っていいのも確かです。
業績のあるきちんとした買い取り業者は、時間と手間のかかる電話作戦はまず実施しません。
それだったら広告費や店舗の人件費にお金をかけようと思うからです。

 

しかし駆け出しの業者の場合は違います。
実績もなにもないので待っているだけでは売りたいという客はなかなかこないのです。
そういった場合は突然の電話もあり得ます。

 

詐欺の場合どのようなことになるのか

 

もしあなたの受けた電話が詐欺の着物買い取り電話だった場合、あなたが着物を売りたがっていると分かった瞬間に、数日以内に自宅に訪問して査定したいと申し出てきます。
早ければ今日中にと言ってくる業者もあります。
これは訪問まで時間をあけさせないことで、あなたに考えさせる時間を与えないようにする為です。
詐欺業者からしてみればせっかくのカモを逃したくないですからね。

 

そして電話口では女性が多いのに対して、実際訪問する人は男性が多くなります。
これは電話口で安心感を相手に持たせ訪問へと誘導するために女性で対応し、実際訪問したら何としても売ってもらおうと押しの強い男性で対応するためです。
さらに押しの強さを徹底するために男性二人組で訪問することが多くなります。

 

実際に家にあげてしまったら最後、業者にとっての利益となる成果があげられるまで帰ろうとはしません。
あなたが「売ります」といわない限りひたすらあなたを説得し続けます。

 

ですがもっとひどい詐欺集団となると、着物を売ってもらうことが目的ではありません。
二人一組の場合、一人が家の主を引きつけてる間にもう一人が電話に出るからと理由をつけて部屋を出ていき、その間に家中の金品を盗むという泥棒集団もいるのです。

 

これは実際に起きたことで、こういった泥棒集団の場合は確実に二人以上で訪問してくるので注意が必要です。

 

詐欺かそうでないか判断するための3つのポイント

 

詐欺業者にしろ真っ当な買い取り業者にしろ、電話口で即決してしまわないことが重要です。
もしあなたがどうしても着物を売りたい場合は利害が一致しているのでいい機会と言えますが、詐欺に引っかかってしまっては元も子もありません。

 

詐欺なのかどうか判断するためにも、電話をとってしまったら以下のことを確認しましょう。

 

1.会社名・電話対応の人の名前・ホームページ

 

まずは会社名と電話対応している人の名前をききましょう。
きちんと聞き出せてからホームページの有無をきいてみてください。
しっかりした業者であればホームページは必ずあります。
可能であれば電話をしながらリアルタイムで会社名をネットで検索してホームページを探してください。

 

検索してもホームページが出てこなかったり、「ホームページは現在制作中で」など濁された場合は疑ってかかった方がいいです。
ホームページがないとよくわからないので、また後日検索して検討してみますね」と言って電話を切りましょう。

 

予想外にきちんとしたホームページが出てきた場合は次のことをききましょう。

 

2.「店舗はありますか」

 

押しが強い買い取り業者は、とにかく家に上げないことが鉄則です。
そのためにも「知らない人を家に上げるのは抵抗があるので」と言って、店舗での営業はやっていないのかききましょう。
店舗があるといった場合は住所もきいてください。

 

最近は住所を検索するだけで本当にそこに店舗があるのか確認することができます。
リアルタイムで検索は難しくても、「では後で検索してみます」といって話を強制的に中断させましょう。
きちんとした業者なら、店舗の住所まで確認してくれたあなたに手ごたえを感じるので深追いはしません。

 

しかしネット運営の場合は店舗を持っていないところもあります。
ですが大抵のネット運営の買い取り業者は直接訪問はせず、品物を会社まで送ってもらって会社で査定するという方式をとっています。

 

ですので「インターネット運営で店舗を持っていない」と言いつつ「お宅まで伺って査定します」と言ってきたら疑いましょう。

 

また、「事務所ならありますのでそちらまでお越しください」というのも疑いを持つべきです。
駆け出しの業者であってもネット運営でない限り1店舗ぐらい構えてから営業をします。
「店舗はないけど事務所はある」という返答も十分怪しいのです。

 

もし店舗はあっても家から遠すぎる場合は、ご縁がなかったということで電話を切りましょう。
ここで「だからお宅までいきますよ」と言ってくるようであればほぼ黒です。

 

きちんとした業者であれば、初めに「知らない人を家にあげたくない」と言われているので「またご縁がありましたらお願いいたします」など引き際もスマートにしてきます。
認知、信頼が第一だからです。

 

付け加えて「ホームページも近々出来上がりますので、また検索してみてください」などと言ってくれば、きちんとした業者といえます。



☆SP☆



 

3.「着物について教えていただきたい」

 

唐突に着物の知識をきいてみましょう。
例えば、「ところで絽(ろ)と紗(しゃ)の違いって分かりますか。どれがどれか分からなくなってしまって」など、着物について詳しい人でないと答えられない質問などです。

 

ちなみに絽と紗は夏に着る透かしの入った着物で織り方の違いはあれど大体一緒の着物のことです。
しかしこのような簡単な説明しかされない場合は、もっと詳しく説明してほしいとお願いしましょう。

 

「紗も絽も主に7・8月に着る夏の着物です。
紗の方が歴史は古く、起源は平安時代と言われています。
絽よりも目が多くあいている為軽く涼しいのが特徴です。
しかしその分繊細な模様を直接染めるのが難しいため、柄を楽しみたいときは紗袷(しゃあわせ)がおすすめです。
紗袷は紗を2枚重ねたり他の生地と2重にすることで、下生地の柄を透かせながら清涼感を楽しむことができます。

 

絽は紗の変形で誕生した比較的歴史の浅いものですが、夏の着物の王道と言える生地です。
紗と違い平織の部分があるため直接柄を染めることができます。
小紋や付け下げ、留袖などが絽に多いのもそのためです。
カジュアルからフォーマルまで幅広く対応できる、万能な着物と言えます。」

 

このように、歴史から織り方の違い、使用用途まで説明してもらえたら、電話口の方の知識は十分あると考えても大丈夫です。
答えるまで時間がかかったり、私は担当でないのでわからないと言われたら、「そちらは知識のない人に営業をさせるんですね。私第一印象を大事にするので今回は遠慮しておきます」といって電話を切りましょう。

 

ここまできたら詐欺云々ではなく、あなたが冷静になるための時間を確保するために電話を一刻も早く切ることを目標としてください。
会社名も店舗の住所も分っていれば、その気になればいつでもまたコンタクトをとることができます。

 

相手方の押しに負けないよう、好印象を持っていたとしても電話を切りましょう。
そしてあらためて、今の電話は詐欺だったのか真っ当な営業電話だったのか客観的に判断してみてください。

 

「着物ありませんか、買い取ります」の体験談

 

私の実体験です。
ちょうど引っ越しをしている最中に「着物買い取ります」という電話がありました。
いつもは相手にしないのですが、その時は『話を聞いてみようかな』と思ったのです。

 

電話主電話主

リサイクルショップ○○というものです。
着物や洋服、お皿など使わないものはありませんか?
カンボジアの子供に送ります

 

『こちらがお支払いするのですか?ほら、買い取りますって言っておきながら玄関先までものをもっていった後に、「壊れてるから有料です」なんて手口があるでしょう?
着物やお皿だけですか?ほかにはなにを買いとってくれますの?』

 

電話主電話主

こちらは“買い取り”なのでお客様にお金をいただくことは一切ありません!基本的に買い取れるものなら何でも買い取るのですが、どういったものがご希望ですか?

 

『引っ越し中だからなんでもありますよ。冷蔵庫、洗濯機、棚ごとのお皿もあるわね』

 

電話主電話主

洋服はありませんか?

 

『洋服は~整理しちゃったばかりだから・・・洋服しかダメなの?』

 

電話主電話主

洋服以外も大丈夫です。しかしただいま大変好評をいただいておりまして、そちらの地区を周るのは時間を決めているんです。当日も予約がつまっているので1時間くらいしか滞在できません。その中で買取ができるものがあればお見積もりさせていただくという形になりますがよろしいでしょうか?

 

『・・・(好評なのに電話で営業するかしら?洋服はないのかとしつこいところも怪しいわね。ネットで調べましょう。会社名を入れて・・・検索!)』

 

▼ネットの感想

・洋服はないかと言われたけど、査定に来た人に貴金属はないかと言われ、ないと言ったらほかのものももっていってもらえなかった。
・翌日泥棒に入られた。
・お皿を用意していたのに、貴金属と一緒じゃないと持っていけないと言われた。
・18金のネックレスを680円で買い取りますと言われた。

 

などなど。
特に多かったのが、『貴金属と一緒じゃないと買い取れないと言われた』『泥棒が入った』でした。

 

『ごめんなさいね。いまネットで調べたらあまりにも悪い評判ばかりだからお断りしてもいいですか?』

 

電話主電話主

かしこまりました。どうもありがとうございます。

 

プープープー・・・・。

 

着物を売る一番いい方法は直接店舗へもっていくこと

 

着物はそもそもの値段がわからない上に、着用済みとなると安くしか買い取ってもらえないが常識となってくるので、買い取られる値段だけでは詐欺かどうか判断はできません。

 

売りたいと思っている着物が大事なものであるなら、直接店舗へもっていき査定してもらう店の様子とスタッフの様子を直接確認することが重要です。

 

ですが、地方だと着物のリサイクルショップはどこにでもあるものではありません。
そういった場合は信頼のおける呉服屋さんで「これを売りたいのですがどうすればいいでしょう」と相談してみましょう。
手助けをしてくれるはずです。

 

着物人口が減っている今、必然的に呉服業界もし烈な争いをくりひろげています。
これは実体験ですが、呉服業界の人は「狙った獲物は逃さない」というかのように押しが強い人がほとんどです。
これは着物の買い取り業者にも言えます。

 

押しの強さに屈しず冷静な判断で自分の納得いく買い取りをしてもらってください。