子どもが2歳半になったので、はじめて金沢自然動物園に連れていきました!私は子供のころになんども連れて行ってもらったのですが、記憶の中とは大きく違いました。金沢自然動物で遊ぶには事前準備が必要かもしれません。写真と動画多めでご紹介していきます!

 

スポンサーリンク



金沢自然動物の場所

 

金沢自然動物公園は、公園と動物園がある大きな公園です。動物園は有料ですが、公園は無料で遊べます。今回は公園で遊んだだけなので、動物園に行く時間はありませんでした。

 

 

【動物園】

 

大人500円、高校生300円、小・中学生200円
(土曜は小中高校生:無料になります)

 

【公園】

 

無料

 

金沢自然動物公園の住所

 

横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

”横浜市金沢区釜利谷東5-15-1”

 

電車の行き方

 

京浜急行 「金沢文庫駅」下車後、西口・バス乗り場1番より乗車。バス停「夏山坂上」下車後徒歩6分。トータル約12分

 

駐車場

 

直接高速駐車場と一般道路からの駐車場があります。料金は一律1日600円。

 

入り口からは無料バスを利用できる

 

 

金沢自然公園正面口から動物園や公園までは坂道で、結構歩きます。夏の暑い時期などはとても大変なのでシャトルバスを利用するのがおすすめ!(無料)

 

3分ほどバスに乗れば、動物園入り口&公園入口に到着します。バスは5~7分間隔くらいですぐにくるので、たくさんの人が並んでいてもあまり待ちませんよ。

 

ガラガラ滑り台の公園に到着

 

ガラガラ滑り台の公園に到着しました!あるのは、長い滑り台と中くらいの滑り台、そしてアスレチックです。

 

 

滑り台は、写真に納まらないほど長いです!

 

 

 

滑り台は結構早いスピードです。私も一度乗りましたが、足で滑り台を抑えながらすべることに必死で、足をつりました・・・。3日くらいお尻の筋肉が痛かったです。

 



☆SP☆



「子供連れの方はスピードが出るので気を付けてください」と注意書きがあるとおり、スピードが速すぎて最後の最後までスピードが出て、滑り台を抜けてしりもちをついているママさんもたくさんいました。

 

実際に滑りながら動画を撮りました。良かったら速さの予行練習をしてみてください↓

 

 

滑るものがないとお尻が痛い

 

 

ガラガラ滑り台なので、滑り台を滑るときは何かをお尻の下にひかないとお尻がすっごくいたいです。あと、ズボンが摩擦でこすれてしまうかもしれません。

 

事前情報ではどなたかのブログで『段ボールが滑り台付近にあるけど数量限定』とありましたが、段ボールで滑っている人は一人もいなかったので、もう古い情報なのかなと思いました。

 

正面入り口から無料のシャトルバスを乗って、降りたところにお土産屋さんがあるのですが、そこに上の写真の黄色い敷物が購入できますよ。

 

600~700円くらいだったと思います!うちは子供が小さいので足の間に乗せて滑ったので1つで良かったですが、お子さんが1人で滑って後から保護者が追いかけるように滑る人は、子どもと大人用2つが必要だと思います。

 

うちのパパは、一度この敷物なく滑ったら両脛を火傷して、ズボンもこすれてしまいました。

 

階段がものすごい

 

 

滑り台が長いということは、滑り台に行くまでの階段もとてつもなく長いということです。
大人になってからこんなに坂道を上ったのははじめてかもしれません。3往復でヘロヘロになりました。

 

 

子どもは、頂上に行くまでにアスレチックを楽しみながら坂を上れるので、坂を上ることも楽しみの一つかもしれません。

 

 

うちの子どもはまだ3歳前なのでアスレチックは無理でした。坂道はどのくらい厳しいかと言うと、このくらい厳しいです↓子供を抱っこしないといけない場合はとっても厳しいと思いますよ。

 

 

食事処もありました

 

 

公園にテントを張ったりレジャーシートを持ってきてお弁当を食べている人もたくさんいましたが、私たち家族の様に事前準備がない人のために食事処もありました!

 

まとめ

 

 

金沢自然動物公園はなかなか楽しかったです。1日駐車できて600円なのは安いですし、無料で1日あんな大規模な公園で遊べるのも良いですね。ただ、坂道がすごいので、オススメは1人で昇り降りできる小学生くらいかな。バーベキュー場などもあるようなので、夏は併用して遊ぶと良いのかもしれませんね。

 

次回は動物園にも言っていたいと思います!