もうすぐ夏本番ですね!
皆さん、汗対策はばっちりですか?

 

最近の夏は日差しだけではなく、じめじめと湿気もすごいので、汗を気にしない方が難しいですよね。
しかも、よりによって着物や浴衣は夏が一番イベントが多かったりするんです。

 

旅行に行ったり海に行ったり花火に行ったり。
目白押しのイベント満載ですが、そこで汗が気になっていては心から楽しむことはできません。

 

着物や浴衣を着ているときに汗をかいてしまったら地獄が待っています・・・。

 

「お出掛けしたいようなしたくないような・・・。」

 

そんな矛盾を抱える季節、それが夏なのです!
今日は、私が夏に着物をきれいに着るためにしている簡単な【汗対策】をご紹介していきたいと思います!
浴衣で夏祭りに行こうと思っている人や、もちろん普段着でも汗が気になっている方は必見です!

 

スポンサーリンク



 

着物を着て汗をかくとこんな厄介なことが・・!

 

着物で汗をかくと厄介なこと。
それは「気軽に洗えない」ということです。

 

洋服は汗をかいたら洗濯機で丸ごと洗えますが、着物はそうはいきません。
正絹のものはクリーニングに出すしかないですし、出したところで染み抜き程度が主流なので、見えない汚れというのは取り除くことができないのです。

 

襦袢も洗えない素材だったりすると、ただ干すしかありません。
それを繰り返していくうちに汗汚れが黄ばみとなり、取り返しのつかないことになるのです。

 

また、外出中は気軽に着替えることができません。

 

洋服のように、「汗でびしょびしょだから下のシャツ変えるわ!」なんてことは不可能です。

 

全部脱いでまた着るのに時間がかかるのはもちろんのこと、着替える場所も必要になってきます。
洋服のようにお手洗いで着替えるわけにもいきませんからね。
それに、新しい着物を持ち歩くのは結構な重労働です。

 

汗が出る原因

顔汗脇汗

 

そもそもなぜ汗はでるのでしょうか。
みなさんご存知の通り、夏などの熱い時期は体温が上昇してしまいます。
その体温を下げるためにも汗が必要となるのです。

 

汗の原因(1)温熱性発汗

 

汗は肌に出てくると、蒸発すると同時に熱も逃がしてくれるので、結果的に体温を下げてくれます。
これを「温熱性発汗」といいます。
体温を下げることを目的としているので、全身に汗をかくのです。

 

夏の汗の原因は基本的にこの「温熱性発汗」になります。
しかし、夏ではないときも汗をかきますよね。
そのことについてもまとめてみました。

 

汗の原因(2)味覚性発汗

 

味覚性発汗とは、辛い物や熱いものを食べたりすると出る汗のことです。
鼻・額・頭を中心に汗をかきます。
味覚性ということもあり、辛さや熱さが落ち着いてくると汗も引くのが特徴です。

 

汗の原因(3)精神性発汗

 

これは、「冷や汗」や「脂汗」など、緊張や不安からくる汗のことです。
この汗は、脇・手のひら・足下にかきやすくなります。

 

とくに汗のかきやすい人は、「ここで汗をかきたくない。汗をかいたらどうしよう」と不安に思うことで、更に精神性発汗による汗をかいてしまうというループに陥ってしまうのです。

 

私は緊張しやすいタイプなので、夏以外にも汗に悩まされていました。
その原因がこの精神性発汗です。
お稽古で怒られたら汗をかく、「どうしてそんなに汗をかいてるの?」なんて言われたらさらに汗をかく、そんなことの繰り返しで、自分がとてもみじめで可哀そうな気分でした。

 

汗が多くなるのはなぜ

顔汗脇汗

 

汗は誰でも出るものです。
しかし、「出すぎる人」というのは、なにかよくない原因が考えられるのだそうです。
原因は1つではないのですが、何か思い当たるものがあれば生活を見直すことも大切です。

 

汗が多く出る原因(1)血行不良

 

一つは血行不良。
特に女性は冷え性になりやすい方が多く、血行不良になりやすいです。
血行不良だと汗腺を上手にコントロールすることができなくなり、汗をドバっとかいてしまうことがあるのです。

 

汗が多く出る原因(2)運動不足

 

二つ目は運動不足。
運動不足になると血流の流れが悪くなるのもありますが、汗を分泌する汗腺の働きが衰えてしまうこともあります。

 

そうすると、常日頃は汗をかきにくくなるのですが、その反対に一度汗をかくと大量に出てしまうといった症状が起こりやすいのです。

 

汗が多く出る原因(3)生活のサイクルの乱れ。

 

三つめは生活のサイクルの乱れは、そもそも体によくありません。
万病のもとですよね。

 

人間には早寝早起きが良いと言われています。
それは、美容のためもそうだし健康のためでもあります。

 

生活サイクルが乱れると、交感神経と副交感神経も乱れてしまうので、汗をコントロールしたり、イライラをコントロールしたりといった“体のコントロール”が上手にいかなくなってしまうのです。

 

汗が多く出る原因(4)ホルモンバランスの乱れ。

 

そして最後はホルモンバランスの乱れで更年期やストレス、産前産後はホルモンバランスが崩れやすくなっています。
ホルモンバランスが崩れると、汗をコントロールすることができなくなり、汗がドバっと出たり、滝のように流れ出てとまらなくなるということがあるのです。

 

人より汗が多いと感じる人は、上記の4つの原因が考えられます。
この原因を改善しながら制汗するアイテムを使用することで、効果的に汗をおさえることができます。

 

舞妓さんが汗をかかないのはなぜ

顔汗脇汗

 

ところで、顔に汗をかいている舞妓さんを見たことはありますか?
あれだけ分厚い着物を着ているのだからさぞ汗をかくことだろう、と思いきや、舞妓さんは汗をかくことはないんです。

 

汗をかかない原因は着付けの仕方にあります。

 

舞妓さんは、圧迫した部分を境に半分は汗をかかないという半側発汗(はんそくはっかん)という原理をもちいた帯の締め方をしているのです。

 

胸元辺りを締めることで、顔には汗をかかなくなり、その分下半身に顔から出るはずだった汗をかくということです。

 

舞妓さんの帯は普段の帯より幅を広くしています。
そうすることで脇を圧迫することができ、顔に汗をかきにくくしているのです。

 

しかし、普段の着物の着付けではこの手法は使えません。
何故なら胸の上を紐で結ぶなんてことはしないし、できないからです。

 

昔ながらの知恵とはいえ、着物や浴衣ではできない裏ワザなのが残念です。

 

汗のニオイが気になる人は

顔汗脇汗

 

ニオイはほぼ無臭だって知っていましたか?
「汗臭い」といいますが、実は汗が臭いのには3つの原因があるのです。

 

「汗臭い」の原因(1)汗を放置している

 

その原因を取り除かないと、いくら消臭効果のある制汗剤を使っても汗をかけばかくほどにニオイがするので、いたちごっこになってしまいます。

 

汗は衣服に着いたり肌表面で放置すると、垢や皮脂と混ざり皮膚上の常在菌が繁殖しやすくなるのですが、この常在菌は垢と皮脂と汗が混ざり合ったものを餌としていて、それを分解する際にアンモニア臭を出してしまうのです。

 

これが、「汗臭い」のモトとなります。
汗はかいたらこまめにふき取ることで、臭いを軽減させることができます。

 

「汗臭い」の原因(2)運動不足

 

運動不足が続くと“汗をかかない”という習慣が体についてしまいます。
そうすると、毛穴に皮脂や要らない汚れがたまるので、汗と一緒に汚れたものが流れ出て嫌なニオイがでるのです。
このときの汗はベタベタしているのが特徴です。

 

「汗臭い」の原因(3)ストレス

 

過度のストレスを抱えているときの汗は、運動不足と同じようにベタベタしているということが特徴です。

 

通常、エクリン汗腺という汗腺から汗がでるのですが、ストレスを抱えたときの汗は「アポクリン汗腺」という汗腺から出ます。

 

アポクリン汗腺はワキガ体質の人が汗を出す汗腺なので、汗から嫌なニオイがしてしまうのです。

 

基本的なことでは、これ以外にも喫煙や飲酒、シャワー浴(湯船に入らない)などの生活習慣も汗臭さの原因となります。

 

自分の汗のにおいが気になる方は生活習慣も見直してみましょう。

 

でも流れ出る汗は自力じゃ解決できない・・・

顔汗脇汗

 

ここまで生活習慣から変えていきましょうとお伝えしましたが、それだけではなかなか汗の悩みは解決できません。
「そんなので改善するなら今頃悩んでないよ!」なんて声が聞こえてきそうです。

 

顔に汗をかいてばかりの人もひれば、脇ばかり汗をかく人もいます。
汗を完全に止めるのもよくありませんが、汗をかきすぎるのも周りの人の目が気になってお出かけも億劫になってしまいますよね。

 

私が汗から解放されたのは25歳を過ぎてからでした。
今までは緊張して滝のように汗をかくなんてことは当たり前だったのですが、それを見た着物の先生にしかめっ面をされたことがあります。

 

「汗は人間みんなかくんだからしょうがないじゃん!」と思っていましたが、あたりを見回すと顔からダラダラと汗をかいて髪の毛まで湿っているのは私だけ。

 

その時初めて「自分の顔汗はちょっと異常なんだ」と気が付き恥ずかしくなり、とても傷ついたのを覚えています。

 



☆SP☆



でも心配しないで!救いの手があります!

 

そんな時、汗について色々調べて結果として今もやっている対策が以下の3つです。
もちろん、生活習慣の改善にもつとめましたが、これらを“やっている”“持っている”というのが“汗をかかない自分”という自信がもてるのです。

 

1つずつ特徴や種類が違うので、3つのアイテムを順番にご紹介していきたいと思います!

 

自分に合った汗対策のアイテムを探してみてくださいね。

 

アセッパー(asepper)

 

 

汗を抑えるアイテムといえば塗り薬をイメージしますが、このアセッパーはサプリメントです。

 

アセッパーは汗対策を「汗ケア」と「消臭」の二つにわけて考えています。

 

「汗ケア」に効果的な成分として、血液をサラサラにしてくれる「トマトポリフェノール」、血管を広げ血流をよくする「スイカポリフェノール」、鉄や食物繊維などの栄養素が多く含まれる「アサイーポリフェノール」、ずば抜けて高い抗酸化作用をもつ「リンゴポリフェノール」の4つのポリフェノールが入っています。

 

そして「消臭効果」として、ニオイ成分を中和する「緑茶エキス」、殺菌力が強い「渋柿エキス」、たんぱく質やミネラルを多く含む「マッシュルームエキス」、消臭効果があるクロロフィルを多く含む「クロレラエキス」が入っているのです。

 

しかもそれで終わりではありません!
なんと、美容効果のある+αの成分が入っているのです!

 

女性ホルモンバランスを整えてくれる「イソフラボン」、利尿作用によりむくみをとってくれる「コーンシルクエキス」も含まれています。

 

ここまで入っていると、もはや汗対策のサプリなんて忘れてしまいそうです。
「今すぐ汗を止めたい!」という方には不向きですが、体の内側から汗対策をしていきながら健康面&美容面にも気を使いたいという方におススメのサプリメントです。

 

asepper

 

パースピレックス・ローション(別名:デトランスα)

 

 

劇的な汗の抑制効果が見られるのが、このパースピレックス・ローション!
どんなに暑くて汗がびしょびしょでも、塗ったところから汗をかかなくしてくれるんです。

 

普通の制汗剤は持続時間も短く、すぐに汗を抑えるなんて難しいですよね。
こまめな塗り直しもめんどくさい・・。

 

でも、このパースピレックス・ローションはそんなめんどくさいことはありません。
汗腺の深いところに「栓」をして「蓋」をするので物理的に汗を抑えることができるのです。
とても画期的ですよね!

 

このパースピレックスは、1回塗れば3~5日間(角栓がターンオーバーで排出されるまでの間)ずっと汗の悩みから解放されるのです。

 

つまり、その期間は制汗剤の塗り直しもいらないし、汗で悩まなくて済むということです。

 

もちろん、持続性はお風呂に入ってもずっとつづくので、一度塗れば安心して日常生活を送れます。

 

使い方は、夜寝る前に汗が気になるところにパースピレックス・ローションを塗るという簡単な方法のみです。

 

私

夜寝る前というのがポイントなんです。
夜は汗腺の機能が低下し、パースピレックスによる栓を作りやすくなります。

 

効果が出るまではパースピレックス・ローションを1週間毎晩塗ります。
※敏感肌の方は、1日おきに2週間くらいが良いでしょう。
お肌と相談してください!
効果がでてきたら週2・3回塗れば効果を実感できるはずです。

 

香料不使用で、アレルギーやかぶれのリスクも最小限に抑えてるとのことですが、“刺激が強くてかぶれた”などの報告もあります。

 

私が使ったときは、おでこは大丈夫でしたが頬にぬると少しヒリヒリしたので、基本的には脇&おでこに少しという感じで使っています。

 

ちなみにパースピレックス・ローションは「デトランスα」という商品名で売られていることがあります。
どちらもデンマークの「Riemann」社製造の全く同じ制汗剤なのですが、販売ルートによって別の名前が付けられている場合があるのです。
デトランスαはその一つとなります。

 

パースピレックス・ローション(Perspirex Lotion)

 

このパースピレックス・ローションは滝のような汗をピタッと止めてくれると大評判です。
週に何回か塗ればいいだけで汗が抑えられるなんて夢のようですよね。
究極のめんどくさがり屋さんにはもってこいです。

 

今回ご紹介する3点でどれか1つを選んでと言われたら、私はパースピレックス・ローションを推薦します。

 

パースピレックス・ローションが合わないならサラフェプラス

 

 

パースピレックス・ローションが合わない、かぶれてしまうという方にはサラフェプラスがオススメです。

 

塗る制汗剤と言えば、脇用、体用とわかれているものが多いですよね。
でも体の部位ごとに分けて買っては制汗剤がかさばってしまいます。

 

しかし、「医薬部外品サラフェプラス」なら顔にも使用することができるんです。

 

サラフェプラスはお肌への優しさを重視しているのはもちろんのこと、ジェルなので毛穴をふさぐことなく汗を抑えられるために毛穴詰まりも気になりません。

 

サラフェプラスに配合されているフェノールスルホン酸亜鉛は、毛穴から流れる汗に吸着して汗を流れないようにしてくれるんです。

 

サラフェプラスは汗を防ぐだけではありません。
実は整肌成分も配合されいるので塗るだけでお肌の調子を整えることができるのです。
ナノセラミドをはじめ、茶エキス、オウゴンエキスなど主に約13種類の整肌成分が含まれています。

 

毎日塗ることで汗を抑えるだけでなく肌の調子もよくなるなんて一石二鳥でお得な気分になれますね。

 

さらに、このサラフェプラスの最大の特徴は、メイクの上からでも塗ることができるということなんです!

 

まず朝は、洗顔をしてからサラフェプラスを塗り、その後にUVケアをしてメイクをします。
夕方、メイク崩れが気になるころには、汚れ落としをしてからサラフェプラスを塗り、またUVケアをしてからメイクをすればオッケー。

 

化粧が必須の女性は、化粧の上からでもぬれるというのはすごくありがたいですよね。
化粧直しも簡単にすることができます。

 

名前の通り、サラサラしたフェイスをキープすることができ、夏も涼しげな顔でいることができます。

 

海外モデルや日本の読者モデルなどからも大人気で、雑誌にも紹介されるほどの人気ぶりです。

 

私

滝のように流れる汗、ではないのならサラフェで十分カバー可能です。
私はパースピレックスを汗の特に出るところに塗り、お肌全体はサラフェを使用しています。完全防備ですね。

 


安心の60日間返金保証!顔汗用・制汗ジェル【サラフェ】

 

プロスパス

 

 

プロスパスは「医薬品」です。
多汗症にも用いられている、汗をとめるための薬になります。

 

頭が痛い時には頭痛薬、汗を止めたいときにはプロスパス、のような定番の薬です。
私は、結婚式のスピーチを頼まれた時やお稽古ごとの舞台の時などに服用しています。

 

「絶対に汗をかきたくないぞ!」というときの心強い味方だと思います。

 

持っているだけで自信が出るような気がするので不思議ですね。

 

プロスパス (Prospas) 15mg

 

夏を完璧に過ごしましょう。

顔汗脇汗

 

私はこれらで夏も、つらいときも、焦っているときも、流れ出る汗から解き放たれることに成功しました。

 

夏本番はもうすぐそこまできてます。
暑い夏を快適に過ごすためにも、汗でべたべたではなく、サラサラに快適に過ごしたいですよね。

 

汗に関して、何を重視したいのか、どこの部位の汗が気になるのか、などを吟味して、ぜひ試してみてください!

 

また、お値段も大事です。
続けていけそうな値段なのかもきちんと確認してくださいね。
今だけのスペシャルプライスなども見逃さないようにしましょう。

 

今年の夏も素敵な思い出ができますように!
私の様に、汗から解き放たれてください!

 

可愛い着物を着て汗をかかないなんて最高に自由な気分です!
気候を気にすることなく、浴衣を着られるなんて嬉しい限りだと思いませんか?

 

彼とのデート中、「手の汗がスゴイ、緊張して顔汗がヤバい、汗のにおいが気になる」という方はぜひ試してみてくださいね!