私はみち坊を出産したその日から産後クライシスでした。
あんなに好きだった夫が、とにかく嫌でたまらないのです。
出産前は許せたことも、許せない。
出産前にされた嫌なことは思い出してさらに嫌いになる…。

 

「どうして私が夫のご飯を作らなければいけないの」「余計な仕事が増えるくらいなら帰ってこなくていい」など思い続けていたんです。
私に触れてほしくないのはもちろんのこと、赤ちゃんに触れてほしくもないし、一緒にいたくもありません。

 

離婚を考える毎日でした。
しかし、「みち坊のためにも自分の気持ちを優先してもいいのだろうか」「これ産後クライシスか」と冷静な自分もいたのです。
産後クライシスをから抜け出すためにも、調べたことをまとめていきたいと思います。
産後クライシスでどうにもならないママ、急に自分の居場所がなくなくなったように感じたパパはぜひ産後まで読んでください。
 

スポンサーリンク



 

産後クライシス

育児四コマ

産後クライシスはどうしてなるの?

 

産後クライシスはなる人となるない人がいます。
産後クライシスになる人は何が原因なのでしょうか。
よく聞くのは以下の4点です。

 

1、ホルモンバランス
2、夫が非協力的
3、精神的不安
4、肉体的苦痛

 

私の実母は産後クライシスを経験したことがないようで、相談に乗ってもらえませんでした。
「いま離婚して子供はどうなるの?」「こんなにかわいい子が産めたのはアンタ1人の力じゃないんだよ」そう責めるのです。
私だってずっと好きでいたかった。
でも、もう無理…。

 

じつは、産後クライシスの原因はホルモンバランスが原因なので、自分の気持ちをどう頑張っていっても無理なんです。
犯人は【オキシトシン】というホルモンにありました。

 

産後クライシスの原因オキシトシン

オキシトシン




 

女性は、赤ちゃんの泣き声を聞いたり、赤ちゃんに愛情を感じたりすると、このオキシトシンが分泌されて母乳が出やすくなります。

オキシトシンは、赤ちゃんを外敵から守るママバリアーのようなものです。
「いい子いい子~ママの可愛い赤ちゃん」とオキシトシン全開に赤ちゃんと戯れていますね。

 

でも、ママが辺りを見回すと協力的ではない夫がいる。
それどろか「お腹空いたよ~(自分でやれよ)」「家の中汚いよ~(お前が掃除しろ!)」「俺疲れてるから先ねるわ~(私も疲れてるんだけど!)」と、ママと赤ちゃんの存在をおびやかす夫がいるのです。
ママは、この恨みを一生忘れません。

 

実は、オキシトシンが分泌されている間は、赤ちゃんを守るために外敵に敏感になっています。
そんなときに、守ってくれるどころかママにおんぶにだっこな旦那・・・。
もう愛情は感じられません。

 

その代わり、オキシトシンが分泌されているときに旦那が協力的なら産後クライシスは起こりません。
妻に協力的で、妻が心から感謝で来ていれば、この先もずっと仲良しでいられるわけです。

産後クライシスのママとパパに言いたいこと

 



☆SP☆



パパたちにこれだけは分かってほしい。
子供が泣いたり、おっぱいあげているときは絶対に妻に優しくして!
いくらほかの時に良いことをしても、ここで対応が悪ければ恨みは一生残ります。

 

ママ達にはこれだけは分かってほしい。
旦那に「察して」は無理!

育児ブログを呼んでいると、「自分は子供の準備で忙しいのに、旦那には『準備できてないのお前だけだよ』と言われる」「こっちは忙しいのに何もせずにゴロゴロしてる」など書いている人がいますが、それはママがいけません。
男性に「察して」はNGなんです。

男の人は言わなければ気が付きません。
「私準備するから子供の顔拭いて着替えさせて!おむつとおしりふきもバックにいれてね!」このくらい的確に指示しないとだめです。
そういうものだと思って諦めてください。

 

産後クライシス経験談

 

付き合っているときは旦那のことが大好きで、「わたし、この人のために生まれてきたのね!」なんて思っていたけれど、たばこ臭いし足はくさいし、給料安いし、赤ちゃんより自分優先だし…なによりも、わたしが陣痛中にゲームしてたことと、陣痛5分間隔の私に「みっともないからちゃんと歩いて」と言った言葉が忘れられなかったのです。

 

しかし、そんな産後クライシスも夫のへこたれなさ&改心で産後1年にしてようやく乗り越えられたかなと思います。

最初は「愛情ではないけど離婚はしたくないかな」って感じでやっと落ち着いて、最近では「この人もこの人なりに頑張っているのね」と思うようになりました。
しかし、産後クライシスは長くて2年以上かかることもあるようなので、しっかりと話し合いをオススメします。

 

※追記
この記事を書いてから2年たちました。
いまは子供が生まれて2年ですが、やっと旦那に愛情をもって少しずつ接せられるようになりました。
でもそれは、子供の面倒を積極的に見たり、休みに色々なところに連れて行ってくれる姿を見たからだと思います。
そうでなければ心は完全に離婚に傾いていました。

 

私がやった産後クライシス相談会

産後クライシス

私は産後クライシスのことを夫に正直に打ち明けました。
(最初「なんでそんなに情緒不安定なの?」というので「ホルモンバランスが崩れてるから」と返答すると「なんでもかんでもホルモンバランスのせいにするなよ」と言われたため)

「産後クライシスだと思うけど・・・あなたのことが好きではない。離婚してもいいと思っているから」というと「うん、わかった」とでもいうかなと思っていたい夫は以外にも「どうしたらいいの」と聞いてきたのです。

「とりあえず私がこれをやってと言ったら文句も嫌な顔もせずにやって」と「私に興味ないかもしれないけど私のことが心から好きなように行動してみて!」といいました。
夫がその約束を守っている姿を見て、心底離婚したいけどちょっと離婚するのは待ってみよう。と思えたのです。

産後クライシスには夫の理解がとても大切です

夫は妻の機嫌が悪いだけ、と思いがちですから産後クライシスはそんなもんじゃありません。
本当の離婚の危機です。

しかも愛情はかぎりなく0・・・もしろマイナスなので離婚したとしたら結構な泥沼離婚になると思います。
養育費や慰謝料などもたっぷりとりたいほど、産後クライシス中の奥さんは旦那さんのことが嫌なのです。

「赤ちゃん、可愛いよね。
ママが頑張って産んだけど、生まれてきてくれたのは旦那さんがいたからだよ」

私は、そんな風に実母に言われて全く心に響きませんでした。
なので産後クライシスになってしまっているママにも響かないと思います。

しかし、後で後悔したくないなら産後クライシスが終わるといわれている2年ほどは離婚に踏み切るのを待ってみると良いと思います。

私

まずは旦那さんに、いま自分たちがどんな状況なのかを相談しましょう。
自分一人で抱え込まないで相談してみてください。
相談に乗ってくれないならその時に離婚を真剣に考えればいいのだと思います。