夏ですね。
夏は綺麗でいたい女性にとって大敵だと思います。
日焼けをガードするために完全武装でいると全然可愛くないし、暑い。
かといって日焼け止めだけでは焼けてしまう。

 

男性も、日焼けはガンの危険性があることから危機感を持っている人もすくなくないのではないでしょうか。

 

私はちょっと歩くだけですぐ黒くなってしまうので、冬の間にいくら美白にお金をかけてもとっても無意味になってしまうのが困りものでした。

 

そこで、どうすれば夏を楽しみながら美白を保てるのかを徹底的に調べてみることにしたのでまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク



日焼けの原因

 

日焼けをしても肌が赤くなってすぐに色白になる人がいますが、私は日焼けが蓄積されるタイプです。
まずはこの差はなぜ起きるのかをご紹介して行きたいと思います。

 

紫外線は2種類ある

 

紫外線には2つの種類があります。

 

  • UV-A(肌が黒くなる)
  • UV-B(肌が赤くなる)

 

です。
それぞれ特性が違うのでご紹介していきますね。

 

UV-A(肌が黒くなる)とは?

わたしたちに届く紫外線のうち約95%がUVAです。。
UVAは、シミ、しわ、たるみの原因になります。
痛みが少ないので、気が付かないうちに肌が黒くなるのが特徴です。

 

UVA は肌の奥にある真皮層という深いところまで達するので、肌の老化を進めてしまいます。

 

その他の特徴は以下のようになっています。

 

 

<UVAの特長>

  • 痛みが少ないので気が付かないうちに日焼けしやすい
  • 曇りでも肌に届く
  • 窓ガラスを通して人間の肌まで到達する
  • 「少しの外出だから日焼け止めはいいか」で日焼けしてしまう

 

UV-B(肌が赤くなる)とは?

わたしたちに届く紫外線のうち約5%がUVBになります。
UVBは皮膚の炎症やシミを招く紫外線です。

肌の深い部分まで到達するUVAと違い、UVBは肌の上面で吸収されますが非常に強いエネルギーを持つので、肌の表皮の細胞を損傷させ、その結果としてやけど(炎症)をさせます。

 

この紫外線から肌を守ろうとして、体がメラニン色素を排出するので、肌が褐色になりシミ・そばかすとなるのです。

 

おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

 

<UVBの特長>

  • 痛みが強い
  • 多量に浴びると赤くヒリヒリする
  • 海・山など「レジャー日焼け」の原因

 

黒くなる人と赤くなる人の違い

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があるとご紹介しましたが、自分の意志でどちらを浴びるかはもちろん選択できませんよね。
自分の肌が赤くなるか、それとも黒くなってしまうかは人それぞれなんです。
しかし、肌が黒くなる人と赤くなる人ではもともとの肌質に特徴があります。

 

日焼けで肌が黒くなりやすい人

 

日焼けで肌が黒くなりやすい人はメラニン色素が活発な人です。
黒髪の日本人や黒人種はメラニン色素が元から強め。

 

メラニン色素の活発化を防ぐにはチーズや大豆に含まれるアミノ酸が良いとされています。
アミノ酸は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEと同時に摂取することが望ましいです。

 

アミノ酸、ビタミン類が含まれている飲む日焼け止めのオススメは

美容外科東京イセアクリニック監修!noUV Care White

 

日焼け止め成分のPL-エキスに加え、14種類の美容成分配合。
美容に興味がある人はもちろんのこと、肌体質を変えていきたい人にはおススメです。
口に入れるものなので、美容外科東京イセアクリニック監修というのも心強いですね。

 

おススメ『飲む』日焼け止め詳細

 

日焼けで肌が白くなりやすい人

 

日焼けで肌が白くなりやすいのは色白の人です。
日本人の色白さん以外では、白人種の人が日焼けするとヒリヒリとした火傷状態になりま
す。
ヒリヒリとして熱いお湯が辛かったり、洋服や寝具のこすれが痛くなるような状態が続く
こともありますね。
このほかにも湿疹がでるような日焼けは「日光皮膚炎」と呼ばれます。
水ぶくれになることもあるので、重症化する前に病院で見てもらいましょう。

 

色白の方がレジャーに行くときは、このような悲惨な目に会わないためにも日焼け止め
ケアを念入りにする必要があります。

 

おススメ『飲む』日焼け止め詳細

 

SPFとPA+っ何?

 

肌に塗る日焼け止めにはSPF50とかPA+といった英数字が書かれていますよね。
これが、UVAやUVBのカット方法なんです。

 

日焼け止めのSPFとは?

 

日焼け止めに書いてあるSPFとは、『サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)』の略です。

 

SPF は、「UVB」をカットする力で、時間を表しています。

 

かかれた数字×20分の日焼けを抑制してくれます。

 

SPF20の場合は、20分×20分。
400分(約6時間)の間UVBを抑える力を発揮するということです。

 

SPF50の場合は50分×20分の、1000分間(約16時間)の間です。

 



☆SP☆



『SPFの数字が高いほど日焼けを抑制してくれる強さが違う』と勘違いしがちなので気を付けてくださいね。
SPFは、高ければ高いほどお肌に負担がかかるので、自分はどのくらいの時間外出するかを考えて日焼け止めを選ぶのが理想です。

 

おススメ『飲む』日焼け止め詳細

 

PAって何?

 

PAは、『プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)』の略です。
紫外線UVA を抑えてくれる効果をもちます。

 

弱い方から+、++、+++、++++の4段階に別れています。

 

◇ちょっとした買い物や洗濯物を干すとき/PA +~++
◇公園、スポーツ、通勤など屋外で1~2時間過ごすとき/PA ++~+++
◇屋外レジャーや長時間屋外で過ごすとき/PA +++ ~++++

 

このように、1日の生活によってPAも使い分けてみましょう。

 

ヒュー・ジャックマンも危険性を訴えている

 

レミゼラブルやウルバリンなどで大活躍のヒュー・ジャックマンさんも鼻が皮膚病になったことがきっかけで、何度も日焼け止めの活用・重要性を訴えています。

 

 

『がん』という言葉は聞くだけもショックをうけるものだよね。皮膚がんはオーストラリアで育った自分にとって珍しくないんだ。今まで日焼け止めクリームを塗るように言われた記憶もないしね

 

日焼けは美容に悪いだけじゃなく、ガンなどを招きやすいことから、できるだけ注意していきたいですね。

 

美容外科東京イセアクリニック監修!noUV Care White

 

noUV Care White(ノーブケアホワイト)レビュー

 

私は日焼け止めだけではジリジリくる紫外線を防御することができなかったために、今年初めて飲む日焼け止めを試してみることにしました。

 

紫外線って目からも入るし、透過もするしとても厄介なんです。

 

いままであまり見かけたことはありませんでしたが、今年はいろいろなところから飲む日焼け止めが販売されていますね。

 

とくに目を引いたのがnoUV Care White(ノーブケアホワイト)

 

特にこの4つにひかれました。

  • 日本製・アジア人向け
  • 美容外科東京イセアクリニック監修が監修
  • 日焼け止め効果と同時に美容効果が得られる
  • 様々な日焼け止めランキングで1位を取得

 

さっそくノーブケアホワイトを注文

 

「これ以上日焼けする前に!」とさっそくnoUV Care White(ノーブケアホワイト)を注文。

 

HPを見てみると、定期購入のほうが遥かに安かったので定期購入にしようかと思いましたが、「いついつまで定期購入しないといけない縛り」がどこにも書いていなかったので問い合わせました。
さすがに冬は使わないだろうし、とりあえず紫外線の強い7~10月くらいまでを使いたかったので、「定期購入の縛りがあります」とか言われても困りますからね。

 

そうしたら「定期購入の縛りはない」そうです。
いつ解約してもいいので断然定期購入がお得でした。

 

注文から2日で到着

 

なんと、注文から2日の超スピードでnoUV Care White(ノーブケアホワイト)は到着。

 

手のひらサイズの箱です。
子供と公園に行く前にさっそく1粒飲みました。

 

 

手のひらより少し大きいほどのサイズなので持ち運びにも便利そうです。
1粒で2時間ほどの効果があるようなので、長時間のレジャーには持っていきます。

 

 

紫外線を浴びる30分前に1粒飲みます。
紫外線を多く浴びてしまったら、寝る前に1粒お召し上がりくださいとのこと。
カプセルなので無味無臭でした。

 

 

▼裏面はこのような感じです。
賞味期限は約1年と5か月。
来年の夏もギリギリ使えます。

 

 

これで、美白用ケア用品の代金が無駄にならないこととさらなる美白を目指せるはず・・・!!!

 

noUV Care White(ノーブケアホワイト)

 

日焼け対策は必須

 

私はもともと色白ではなかったので特に気にせず20代のはじめまでガンガンに日焼けしていました。
海の家でバイトもしたし、チラシ配りもしたし、プールにも大好き。
いまでは自分のそんな行動が恐ろしいです。

 

ガングロな私も、いまではご近所に「本当に色白ね~」と言われるくらい美白を目指して頑張ってきたと思います。

 

「この美白を保ちたいけど、子供もちゃんと遊びに連れて行ってあげたい。ついでに美容効果があれば嬉しいな」そんな思いの方は、日焼け止めと飲む日焼け止めの併用をおススメします!