結婚式と言えば幸せ絶頂のセレモニーです。

 

生涯で一度しかない大切な日。
式場内の全てが明るく、色やお花の華やかさ、雰囲気が幸せで彩られています。

 

そんなときに流れる曲は明るく、前向きで、二人の門出を祝うに相応しい曲でなければなりません。

 

じつは、結婚式のスピーチ時に使ってはいけない言葉があるように、使ってはいけない音楽もあります。

 

そこで今回は、結婚式で流したり歌ったりする場合、縁起の悪い曲にはどのようなものがあるのかをまとめていきたいと思います!

 

うっかり選曲してしまいそうなものもあるので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク



 

結婚式での縁起の悪い曲のテーマは?

 

まず結婚式において、使わない方がよいテーマを見ていきしょう。

 

「別れ」「不倫」の曲

 

当然ながら幸せな結婚式で「別れる」「切れる」というような縁起の悪い曲はNGです。

 

「別れる」「切れる」という歌詞が入っている曲はだけではなんく、不倫ソングと呼ばれる曲もNGですよ!

 

最近、芸能界で賑わしている不倫ですが、気が付かなくても不倫をテーマにしている曲は多いです。

 

永遠の愛を誓う場所に、不倫を肯定するような曲が流れるとすれば、来場している誰もが居たたまれないような空気が流れるはずです。

 

「失恋」の曲

 

失恋ソングというのは、切ないメロディで歌詞を考えないで音楽を聴くと、とても良い曲ですね。
しかし、おめでたい席でわざわざ悲しい曲を流すのはやめましょう。

 

離婚やトラブルのあったアーティストの曲

 

曲には罪はない訳ですが、それでもせっかくの結婚式の日に縁起が悪いのが離婚経験やトラブルがあったアーティストの曲です。

 

例えば、ファンキーモンキーベイビー(ファンキー加藤)さんの曲は結婚式でよく歌われていた(「希望の唄」や「ありがとう」など)のですが、あのW不倫騒動以来縁起が悪いとされ、歌われなくなりました。

 

結婚式で流してはいけない縁起の悪い曲は?

 

それでは、具体的にどんな曲を選曲してはいけないのかをご紹介していきたいと思います。

 

ショパンの「別れの曲」エチュード

 

昔、「101回目のプロポーズ」という大ヒットドラマがあったのをご存知ですか?

 

武田鉄也さん、浅野温子さんのドラマで、その中の挿入曲としてショパンのエチュードが流れました。

 

とても美しく、見聞きした馴染のある曲なので良さそうなのですが、そのタイトルが「別れの曲」と呼ばれているので、縁起が悪い曲に入ります。



☆SP☆



 

シュガーの「ウェディングベル」

 

シュガーの「ウェディングベル」はテンポ感があって明るい曲なのですが、別れた彼女が別れた彼の結婚式に出席する内容の歌詞が過激です。

 

お祝いの言葉「くたばっちまえ、アーメン」が印象的で、これは結婚式には縁起が悪く使用しない方がよい曲です。

 

杏里の「オリビアを聴きながら」

 

杏里の「オリビアを聴きながら」はとても穏やかないい曲なのですが、歌詞が問題です。

 

「出逢った頃はこんな日が来るとは思わずにいた、おしまい、愛は消えた」と結婚式にふさわしくない言葉のオンパレードです。

 

EXILEの「Ti Amo」

 

EXILEの「Ti Amo」もしっとりとしたステキな曲ですが、歌詞が不倫なのでNGです。

 

愛を叫ぶというような愛の歌と思いきや、愛は愛でも不倫愛なのでおめでたい式には不似合いです。

 

安室奈美恵のCan you celebrate?

 

安室奈美恵のCan you celebrate?は「この曲がダメなの?」と思われるかもしれませんが、安室奈美恵さんはこの曲の後で離婚しているので、縁起が良いとは言えません。

 

ステキなメロディで歌詞もOKで申し分のない曲なだけに、もったいないです。
今でも仲睦まじい結婚生活を送っていたら最高でした。

 

コブクロの「永遠にともに」

 

とばっちりも良い所で、コブクロの「永遠にともに」もあります。
陣内智則さんと藤原紀香さんの結婚式で陣内さんが紀香さんに歌った曲なので、離婚した後は縁起の悪いうたになってしまいました。

 

陣内さんはコブクロさんに謝罪をしたようです。

 

調べてみたところ、最近でも結婚式にこの曲を採用している人はほとんどないに等しい数字でした。
テレビでの中継は影響力が大きいですよね。

 

しかしコブクロのファンの方々にとっては、大事な1曲に変わりありません。
もしかしたら採用される人というのは、コブクロファンの方かも知れませんね。

 

THE BOOMの「島唄」

 

THE BOOMの「島唄」はその当時本当にブームとなり、今でも歌い継がれています。

 

独特なメロディが心地良く、聴いてるだけで穏やかになれる、そんな名曲ではありますが、結婚式ではオススメしません。

 

この曲は、太平洋戦争の沖縄戦を歌っています。
その時の集団自決やひめゆり学徒隊に思いを馳せて作られた曲なのです。

 

歌詞の中に結婚式の際に忌み嫌う言葉が入っています。

 

例えば、さよなら、別れ、繰り返す悲しみなど、歌手が曲に込めた強い思いを知ってしまうと、1つ1つが重くて明るい場所では合わない曲と言えます。

 

まとめ

 

華々しい陽の世界に、別れや不倫、失恋などの縁起の悪い曲は必要ありません。

 

海外の曲は歌詞の意味がわからないまま使ってしまうということのないように、事前に和訳してみてくださいね。

 

幸せになってほしいという思いを込めて、細心の注意を払いつつBGMの選曲をしましょう。