この記事は7分で読めます

 

 

今日は、私が実際にやっていた在宅ワークについてまとめていきたいと思います。
在宅ワークと聞くと怪しいと思われがちですが、怪しいものではなくwebライターやモニターというお仕事です。

 

クラウドソーシングに登録してお仕事をしたので、在宅ワークを探しているママ・パパに参考にしてもらえたら嬉しいです。
 

スポンサーリンク



 

みち坊が生まれて貯金を切り崩す日々

実は、みち坊が生まれて金銭的に困っていた時期がありました。
妊娠がわかった時におばあちゃんが亡くなり、家はおばあちゃんの持ち家(実家から徒歩5秒)を使わせていただいていたので家代はかからなかったのですが、それでも毎月10~20万円以上は出費があります。

 

みち坊のおむつ、服、ママの産後の矯正道具などなど。
無いには不便なものの出費ばかりが続くので、少ない貯金はあっという間になくなってしまったのです。

 

そして、起こるのは夫婦喧嘩。
産後クライシスもあって、(産後クライシスの状況はこちらから)毎日毎日喧嘩でした。

ママママ

たった20万円ぽっちじゃ足りないよ!なのになんでお小遣い5万も使ってるのさ!アルバイトするかなんかしてよ!

パパパパ

できるわけないじゃん。今の仕事で手いっぱいだよ

ママママ

じゃあタバコやめてよ!お・か・ね・が・な・い・のっ!

パパパパ

でも生活できてるじゃん

ママママ

私の貯金から払ってるの!

みち坊みち坊

・・・うぇ~ん

という感じで夫は今で手いっぱいらしいので、途方に暮れていました。
お金が足りないと心も荒みます。

 

それで、みち坊を見ながらできる在宅ワークを探し出したのですがチャットレディなどの怪しいものばかりです。
シール貼りとか稼げないようなものもあります。

 

苦労の末見つけたのがランサーズというクラウドソーシングの会社でした。



クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドソーシング「ランサーズ」

在宅ワークができるクラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、1つの登録制の会社に、依頼をしたいクライアントと仕事をしたい在宅ワークが登録するシステムです。

 

クライアントが仕事の内容・条件・金額などを提示しているので、自分に合った仕事を探して在宅ワーカーが提案をします。
クライアントは、提案の中から最適な人を選んで個別に依頼を出すという感じです。

 

最初は何か簡単にできる仕事はないかなと思って登録しましたが、
私は小説や漫画を読むのが好きだったので、思い切って初心者大歓迎とうたっているライターの募集に応募することにしたのです。

 

最初にお仕事をしたのは、1,000文字300円で、大河ドラマについて調べるという記事です。
いま思えば1,000文字300円のその依頼はとても安いものですが、記事の書き方や記事の中にいれるキーワードの入れ方などを入れることを丁寧にやさしく教えてくれたので、今の自分を作り上げてくれた原点なのではないかと思います。

 

言葉を文字にするのってなかなか難しいです。
相手に分かりやすいように伝えるのはなおさら。
それを、どのように言葉にすればいいのかをお金をもらいながら教わることができたと思っています。

ランサーズの仕組み

ランサーズはいろいろなお仕事があります。
IT系、ライティング、翻訳、アンケート、モニターなど。

 

そして、依頼はタスク・プロジェクト・コンペと別れています。
各システムはこんな感じ。

タスク

タスクは依頼主の提案に、勝手に納品してよい仕組みです。
「このようなことをかいて下さい、何文字以上、金額」と書かれています。

 

ランサー(ランサーズで働いている人たちをランサーといいます)が納品したら依頼主のチェックがあり、注意事項に違反していなければ納品完了。
報酬が支払われます。
納品物は依頼人しか見ることができません。

プロジェクト

プロジェクトは、依頼主が「このようなことをかいて下さい、何文字以上、金額」と提示して、在宅ワーカーがそこに提案をします。
提案は依頼主しか見ることはできません。



☆SP☆



 

例えば、依頼者は2,000円で応募を出していたとしても、ランサーは1,500円で提案したり、3,000円で提案することも可能です。
いままで行ってきた実績を見せると選ばれやすいです。

コンペ

コンペは、依頼人に自由に提案する仕組みです。
例えば、「企業のロゴを考えてほしい」という提案だったら、そこに考えたロゴを提案します。
企業は、その中から選びたいものを当選します。
ランサーは、ほかの人の提案も見れます。

ママママ

コンペは利用したことありませんが、システム的に少し理不尽な気がします。
一人のランサーが提案したら、それをもとにほかのランサーがより良いものを作れるので、後出しじゃんけん的な感じがするのです。

ただし、プロジェクトは依頼の都合で依頼キャンセルとなることが多いです。
その場合保証がないので、一生懸命提案しても時間の無駄にしかなりません。
しかし、コンペでキャンセルがあった場合は、提案者全員で当選者に支払うはずだった金額を山分けするのだそうです。

ランサーズのエスクローの仕組み

在宅ワークの不安は、『仕事してもクライアントにバックレられたらどうしよう・・・』というものだと思います。
しかし、ランサーズにはエスクロー(仮入金)という仕組みがあります。

 

プロジェクト限定ですが、ランサーが依頼人に当選してもらうと、依頼人は仮入金で予定の金額をランサーズに支払います。
そして、納品が完了するとランサーズが手数料を抜いてランサーに報酬をあげるというシステムです。

 

万が一納品した後にクライアントがバックレても、ランサーズに入金がされているので、ランサーズが責任をもってお支払いしてくれます。
納品したのにお金がもらえない!なんてことがないようになっているのです。

ランサーズの手数料

ランサーズは手数料をとります。
20万円以下が20%、20万円以上で5%です。
クライアントによって、料金の提示に「手数料込」「手数料別」「税込」「税別」と記載されているのでちゃんとチェックしないと損をしますよ。

 

同じ1,000円のお仕事もらえる報酬はこんなに違います

■手数料別、税別・・・1,296円。
■手数料別、税込・・・1,200円
■手数料込、税込・・・ 800円(端数あり)
■手数料込み、税別・・・864円

ランサーズの振込手数料

楽天銀行はランサーズが指定銀行なので、振込手数料は100円。
そのほかの銀行や郵便局だと500円が振込手数料です。
報酬はランサーズ上で貯めることができて、月2回のお給料日に指定の銀行へと振り込まれます。

ランサーズのモニターの仕事

ライターとかイラストレーターとかよく分からない・・・という方にはモニターのお仕事がおすすめです。
モニターは報酬が安いものもありますが、商品がただで手に入るこがほとんど。

 

報酬をもらえて商品ももらえるWラッキーなので今でもたまにやっています。
報酬が安いけど、一言感想言えばいいものや、写真撮影しなければならないけど報酬が高いものなどいろいろあります。
早い者勝ちのような感覚なので、こまめにチェックしてみてくださいね。

私

モニターで今までもらったものは、このようなものです。
・ヘアトリートメント
・お尻痩せローション
・携帯カバー
・携帯のディスプレイ強化ガラス
・置き換えダイエット
・オリゴ糖
・花粉症対策のお茶
・コスメ

ランサーズの注意点

「ランサーズ」とネットで探すと、地雷案件とか悪い評価ばかり出てきます。
私はいまのところ嫌なクライアントには出会っていません。
ただ、この案件は地雷だなと思うことはあります。

 

依頼の内容を読んでもらえれば分かると思いますが、威圧的だったり、変に自分に自信があるような個人事業主だと危険だと思います。

 

ただ1度だけ悪質なクライアントに出会ったことはあります。
『記事のタイトル、見出しを考えてくれれば1か月10万円ほどのご依頼』というものに依頼して、まずはトライアル500円でお願いできないかというので引き受けました。
しかし、それを納品すると『記事のタイトルの案件は終わってしまったので、1記事1,000円スタートのライティングをしてくれないか』というのです。
文字単価は0.7円です。

 

私はその時はもう1文字3円以上はもらうお仕事ばかりをしていたので、丁重にお断りしました。

しかし、いつまでたっても「完了報告」をすることができないのです。
完了報告をしないと料金は支払われませんが、確認しても、ランサーズの文で『ただいまクライアントと調整中です』の文字しかありません。
こんな文字を見たのは初めてでした。

 

クライアントに連絡すると、今ランサーズにて依頼を注意させられているから待ってくれとのこと。
一週間待ってもう1度その依頼をのぞいたら、完了報告ボタンが出ていたのでボタンを押すと、「支払いはこちらからします」とランサーズとは違う別のクラウドソーシングのURLを添付してきました。

ママママ

なんでわざわざ私が違うクラウドソーシングに登録しないといけないんじゃい!

と遠回しに丁寧に言って、無事報酬を支払ってもらいました。

 

あとで考えて『おいしい言葉でランサーを募る悪質クライアントだったのかな?』と思いました。
いまだに不思議です。
はじめての提案で、あんなクライアント当たってしまうと、やる気もなくなるはずです。

私

働きたいけどやり方が分からない、地雷クライアントを見分けたいという方は問い合わせからご連絡ください!もちろん無料でお教えします!

ランサーズの嫌なところ

ランサーズは比較的にランサーズのためを思っていると思います。
問い合わせで5回くらい運営に連絡していますが、ちゃんと3日以内に返信がきましたし、とっても丁寧です。

 

ただ、いろいろな噂をみていると『クライアントとランサーでトラブルがあった場合は本人同士で対処しなければならない』というルールがあるようなので、仲裁に入ってもらえないときはもしもの時に不便だなと思いました。

ランサーズを始めるときのポイント

最初から高い金額のお仕事を受注すると、なんの説明もしてくれないクライアントがほとんどですから、まずは「初心者OK」「丁重に指導します」などのコメントが記載されているクライアントに提案するといいですよ。

私

私は、みち坊が生まれて3か月目で仕事を始めました。
みち坊が赤ちゃんの時は2時間おきに寝ていたので、仕事がしやすかったんです。
しかも、ベッドに置くと泣くので抱いているしかなくて、腕の中でみち坊が眠ると何もできなくて時間がもったいないな~と思っていたのでベストタイミングでした。

ランサーズの登録はこちらからできます↓

クラウドソーシング「ランサーズ」

主婦の在宅ワーク終わりに

みち坊が生まれて、生後8か月目には70万円くらい貯金をつかってしまいましたが、ランサーズを初めて2か月後くらいから半年以上はランサーズのライティング部門でベスト100位に>入っていました。
(毎月メールがくるんです)
いまでは、みち君もあまり寝なくなってしまったために時間が取れないのもありますし、このブログをはじめたのもあってそんなに稼げませんが、それでもお小遣いにはなります。

在宅ワークを検討している人はぜひ選択に入れてみてくださいね。