初期 中期 後期

 
キャベツは、ビタミンCやビタミンU、食物繊維が豊富な野菜です。
甘くていろいろな料理にも合うので離乳食にも大活躍。
生だと繊維が多く固いので、茹でて柔らかくしてから赤ちゃんに与えましょう。

 

食材|キャベツの離乳食

キャベツの葉 3枚程
お水 適量

 

手順|キャベツの離乳食

1.キャベツの葉を切り、1枚ずつよく洗い、固い芯の部分と葉の白い筋を取り除きます。




2.小さめのザク切りにし、鍋にキャベツとたっぷりの水を入れ沸騰させます。

 


3.キャベツが煮崩れるくらい柔らかく透明になってきたらザルにあげ、裏ごしして完成です。

 





▼裏ごしにとっても便利です!
私はこれを愛用しました↓

この商品の素晴らしいところは、裏ごし専用スプーンで裏ごしができるということ!!
裏ごしするときに、すり鉢だと手が痛くなりますし力がはいりません。
狙ったお米が潰せないなんてこともあります。



☆SP☆



でも、この裏ごし専用スプーンなら力もラクラク入ります
面積が広いのでお米もすぐに潰すことが出来ますよ。

 

冷凍保存の仕方|キャベツの離乳食

キャベツの離乳食は冷凍OKです。
離乳食が進むと、キャベツはいろいろな食材とコラボするので、量がわかりやすいように冷凍しておくとラクですよ。
10gや15gくらいで小分けにしましょう。

▼冷凍に便利です。

▼参考までに