初期 中期 後期

赤ちゃんがごはんや野菜の離乳食に慣れ始めたら、今度はタンパク質の練習です。
しらすは、カルシウムが豊富で栄養価が高い上に、骨などがなくお手軽に勝利できるので離乳食初期にはとても重宝します。
しかし、しらすは塩抜きで塩を抜かないといけないので、調理方法や保存方法等をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



私

大人は感じないほどの塩気ですが、赤ちゃんにはまだ塩気は早すぎるので、しらすは塩抜きをします。

食材|しらすの離乳食

 

・釜揚げしらす(パックのしらすでOK)
・お湯

手順|しらすの離乳食

1.お鍋にお湯を沸騰させ、しらすを2分ほど茹で塩抜きします。
お鍋を使わない場合は器にしらすを入れ熱湯をかけ、数分おきます。

2.茹であがったらお湯を切ります!これで塩抜きは完了です。

3.裏ごしして完成です。

食べ方|しらすの離乳食

10倍粥の上に乗せ、しらす粥にして食べさせました。

初めて食べるときはしらすの食感が気になると思うので、ごはんと一緒に上げると食べやすいですよ。
しらすも、ほかの離乳食と同じようにはじめてあげるときはスプーン1杯から上げていきましょう。
1杯→2杯→3杯と食べれたら、カルシウムは一食10gほど与えてくださいね。



☆SP☆



冷凍保存の仕方|しらすの離乳食

 

しらすは冷凍保存OKです。
10gずつ小分けにして冷凍すれば、取り出して電子レンジでチンや湯せんすればすぐに食べられます。

▼離乳食の小分けにとっても便利です。
25mlと50mlがあるので、離乳食の期間で使い分けました!

私はこれを愛用しました↓
いちいち洗うのが面倒で、これと違うものを買いましたが、この商品の素晴らしいところは、裏ごし専用スプーンで裏ごしができるということ!!
裏ごしするときに、すり鉢だと手が痛くなりますし力がはいりません。
狙ったお米が潰せないなんてこともあります。

でも、この裏ごし専用スプーンなら力もラクラク入ります。
面積が広いのでお米もすぐに潰すことが出来ますよ。
ぜひ、スプーンだけでもお勧めします!(スプーンだけはあるのかな?)

▼参考までに

保存